一流ビジネス紙の今日のトップニュースを自分のレベルで

 毎日のレッスンは、The Economist, The Financial Times などの一流経済誌からピックアップしたトップニュース。その日のビジネスの動きや、事件など生の情報をもとに、英語学習ができます。  でも、レッスンに使われる記事は、個人の英語レベルに合うよう難易度や長さを調整して編集したもの。そして1レッスンは20分程度で終了。無理なく学習を進めることができます。

インタラクティブな学習プログラムで情報の読み取りを学習

 BEProで配信するレッスンはニュース記事の配信だけではありません。Pre-Reading Activities, Reading Activities, Extensions などのタスクを用意。これらのタスクをこなすことで、1つ1つの記事のポイントをつかんで読めると同時に、継続した学習で自然と攻略的な読みをするスキルが身につきます。

プログレスレポートで学習管理

 BEProのシステムが、ユーザー一人一人の学習履歴を保存します。自分が何本の記事を読んだか、成績はどうかをいつでもチェックすることが可能です。また、クイズ結果を分析して見られるので、自分がどんなタイプの記事が苦手なのか、どんなタイプの問題が苦手なのかも一目で分かり、弱点強化のためのヒントになります。

データベースとしてのBEPro

 BEProの記事アーカイブにはこれまでに配信した膨大な数の記事があり、BEProはユーザー全員にこのデータベースへのアクセス権を提供しています。新聞記事のデータベースは数多く存在しますが、学習者にも読みやすい英語で書かれたものは他にはありません。検索機能を使って、特定の企業に関する記事、特定の業種に関する記事、あるいは特定の事件に関する記事などを選び出すことができ、集中型の学習や業務上の調査に最適です。